思春期から始まったワキのお手入れについて

子供のころはまったく気にしなかったムダ毛ですが、中学生のころから自己処理を始めました。

Tシャツのすきまからワキが見えることは思春期のわたしにとっては恐怖でした。テレビでみるタレントさんはみんな毛がまったくなくキレイです。剃るよりも抜くほうがいいと思い、毎日ピンセットでワキのお手入れをするようになりました。そのころ買っていたティーン向けの雑誌でもお手入れ方法がのっており、毛抜きがカミソリがほどんどでした。子供にエステにいくお金がはいので当たり前だと思います。ただ、自己処理をしてもタレントさんのようなキレイな肌にはなりません。

友達に思い切って相談したところ、その友達も同じようなことで悩んでいることがわかりました。そこでエステの脱毛のお試しを受けてみることにしました。それが良かったです。ずっとピンセットを使ってきたので、ピンセットを使うことも趣味のようになりましたが、やはりエステでの脱毛は良いと思います。子供のうちはカミソリなどになると思いますが、今では安いエステもあるので試してみても良いと思います。

ワキの無駄毛と脱毛について

女性にとって無駄毛は天敵です。特に春から夏にかけて、ファッションも露出の多いものとなってきますので、なおさら気をつけなければなりません。その中でもワキ毛はとても目立つ個所となります。キャミソールやタンクトップでなければ大丈夫とは思わないように。半袖でも腕を上げたら、かなりワキ毛ははっきりと見えます。特に電車に乗っているときは気を付けましょう。そこでわき毛の処理の方法です。カミソリや毛抜きで処理をしている人も多いのではないでしょうか。

しかし、意外と剃り残しや抜き残しなどがあり、この数本足らずの毛が割と目立つものです。そこでおすすめしたいのが、脱毛です。脱毛だとほぼわき毛ななくなりますし、何よりもかなり楽です。しかも何年か前とは違い、わき部分だけなら、価格もかなりリーズナブルとなっていて手が出しやすいです。処置時間も短く、処置サイクルも長いので、仕事で忙しい人もできますし、肌へのダメージも軽減されますよ。

産毛は抜けにくいので、ちょっとしたコツが必要です

ムダ毛の中での産毛はもともと柔らかく短いタイプの毛なので、とても抜けにくいのです。すっきりとした処理は抜くか剃るかが一般的ですが、長くきれいな状態を保ちたい場合は時間や手間がかかっても抜く方法が一般的です。抜く時に皮膚や毛穴に刺激を与えてしまうと、逆にムダ毛が増えてしまったり皮膚に色素沈着が起こったりする事があるので注意が必要です。柔らかい産毛を抜くには脱毛の処理は基本は同じですが、ちょっとしたコツが必要です。脱毛するところをよく洗って清潔にしておきましょう。脱毛の処理をする時に使う品はあらかじめ清潔にしておき、肌にあたる部分は特に汚れがついてないようにしておきます。

毛抜きを使う場合はしっかりと毛の根元の部分をつかんで、毛の生えている方向に逆らわないように静かに抜きます。途中の部分をつかむと毛が切れてしまったり毛根に負担をかけてしまうので注意しておきましょう。脱毛器を使う場合は抜けにくいタイプの毛なので、柔らかい毛やデリケートな場所に対応したアイテムを使い分けて毛根や皮膚に負担をかけないようにしましょう。

ワキのお手入れは丁寧に。

女性が特にムダ毛で気にしている箇所は、何といってもワキです。夏になると、ムダ毛処理を毎日欠かさず行っている人がほとんどです。ですがワキのお手入れ方法は、正しいやり方でやらないと毛穴の広がりや炎症、肌の黒ずみなどのトラブルが起きてしまいます。自宅での処理の場合はカミソリか毛抜き、除毛クリームや脱毛クリームを使っての処理になります。直接肌に当たるカミソリは、処理するところによく泡立てたクリームを塗って行うことが基本です。毛抜きは肌を引っ張りながら一本ずつ抜いていくので、あまり好ましくない方法です

。しかも皮膚の中に毛が入り込んでしまいやすいので、それを無理に取ろうとして皮膚を傷つけてしまい炎症してしまうケースがあります。除毛、脱毛クリームは比較的安全に処理できますが、肌に合わないと荒れてしまいます。最初に少しだけ付けて、大丈夫か確認してからやっていきます。最後に、ムダ毛処理をしたら肌の沈静化を図ります。しっかりとお手入れすることで毛穴も引き締まり、黒ずみも防ぐことができます。

でも、結局、その場しのぎの方法なので、ある程度お金を貯めて、エステサロンかクリニックに行った方が確実で早くてラクです。最近はどのエステも予約が取りにくようですが、新しいエステサロンはかなり予約が取りやすいので、下記ページはチェックしてみてください。ただし、全身脱毛専門ですが。

http://zenshindatsumo-coorde.com/kireimo/

地方の方はもう少しで進出してきそうですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ