わき毛の自己処理するときの注意点

だんだん暖かくなってきて、薄着の季節になりました。そこで気になってくるのがムダ毛。そして半袖の季節到来の前に特に気になってしまうのがわき毛です。自分で処理する人も多いと思いますが、そんな自分で行う時の注意点をあげていきたいと思います。

まず代表的なものがカミソリで剃る方法です。こちらは手軽にできるので行っている人が多いのではないでしょうか。カミソリの場合は頻繁に行うと皮膚まで一緒に落としてしまって肌のバリア機能を弱めたり、色素沈着を起こしてしまいます。行う場合は回数をなるべく少なくし、保湿を十分にするなど処置後のケアをしっかりと行いましょう。次に毛抜きで抜いたり、ワックステープと使う場合です。これは毛を引っ張り抜くことによって肌がたるんだり、抜くのに失敗してしまうと毛が皮膚に埋まる埋没毛になったり、毛嚢炎になってしまいます。こちらの場合も無理に引き抜くのはやめ、回数も頻繁には行わないようにしましょう。最後にクリームです。

これは化学物質で毛そのものを溶かしてしまう方法です。毛が溶ける薬品を使うので、当然肌への負担も大きいものになります。こちらの注意点は敏感肌の人は大きな肌トラブルになってしまう場合があるので避けることと、必ずパッチテストをやってから行うようにしましょう。以上のようにわき毛の自己処理には注意が必要です。正しい方法を守り、きれいな肌で夏を迎えましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ